2014年11月から2017年10月までの風環境マップのまとめにつきましては2017年度の日本風工学会年次大会で発表しております。(これまでの測定結果例の一部を表示)